読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生日について考えてみた

個人ネタ

私事ですが、今日は私の誕生日です。

しかし、私は自分が生まれた日のことは覚えていません。(当たり前ですが)

私が生まれた日の事を一番覚えているのは、私の母です。(当たり前ですが)

 

今、私の母は特別養護老人ホームに入居しています。

だから、もう私が生まれた日の事を聞いてもわかりません。昔、聞いた話では、

私が生まれた日は今日のように暑い日だったそうです。出産日は、予定日より遅れていて、かつ私が大きかったので難産だったようです。

と、いうように昔の母や叔母さん、叔父さんに聞いた話からしかわかりません。

人は自分が生まれた日の事は覚えていないのです。

 

そして、人は多くの場合、自分が死ぬ時のことも覚えていないでしょう。それでいいと思います。

自分はいつ生まれて、いつ死んだのか、それを覚えていないのなら、日々を大切に生きていればいいのではないでしょうか。

いつ生まれたのか覚えていないのなら、いつ死ぬかに怯えていてもしょうがないでしょう。

 

そして、自分の誕生日には、お母さんに”産んでくれてありがとう”と伝えることが大事だと思います。

今年も母にそれを伝えることができて幸せです。

 

では、では。