読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OSのアップグレードは慎重に

昨日、やっと自分のMacBook AirYosemite 10.10.04にアップグレードしました。

今のところ問題はなさそうです。

しかし、2ヶ月後には次期バージョンEl Capitan 10.11がリリースされるのに、結局Yosemiteにアップグレードするまでに10ヶ月待ったのは不具合が直らなかったからです。

ずっと、App Storeのカスタマーレビューを見ていたのですが、まあ、ひどい書き込みばかりで、10.10.03が出ても評価1が圧倒的に多く、アップグレードしませんでした。新機能で使いたいのもありませんでしたし。10.10.03からiPhotoが”写真”に切り替わりましたが、評判もイマイチだったのもアップグレードが遅れた要因ですね。

やっと10.10.04になって評価5と評価1の数が18で同数になって、一番気になっていたWiFi接続が切れるバグも解消したようなので、思い切ってYosemiteにしました。

 

本当は、YosemiteのアップグレードをスキップしてEl Capitanにアップグレードしようか迷ったんですが、El Captanが安定しているかは実際リリースしてみないとわからないので、安定したYosemiteにしてEl Capitanはリリースされてから評価を見てからインストールする時期を決めることにしました。

 

さて、本日Windows10が正式リリースされました。

私はMacVMware Fusionを入れて、Windows7を仮想化して使っています。

そのWindows7のタスクバーに”Windows10を入手する”ボタンが追加されていました。

もちろん正式版のWindows7をインストールしているので、無償でアップグレード可能ですが、Yosemiteと同様にWindows10の評価を確認してからになりますね。

あと、実はサポートが切れたMicrosoft Money 2000を未だに使っているんですが、Windows7で辛うじて動いていますが、Windows10で動く保証がないので、自分はWindows10は仮想化して別OSとして立ち上げるつもりです。その場合、有償でWindows10を購入しないといけないですけど。

 

        ”OSのアップグレードは慎重に”

お気をつけて。

 

では、では。